はたらくことでお悩みの方へ


こんな悩みはありませんか?

​働きたいけど体力に自信がない

自分にあった作業ペースで働きたい

毎日通所するのは難しいけれど、

在宅なら働けそう

週一日から徐々に働くことに慣れていきたい

そのお悩み、くりえいとが解決できるかもしれません


 

就労継続支援B型事業所

「くりえいと」


就労継続支援B型事業所「くりえいと」は、札幌市にある事業所です。

障害などがあり、一般就労のむずかしい方が、支援を受けながらリハビリや訓練をかねた作業を行う福祉作業施設です。

最初は週一日、一回一時間から始められます。
優しいメンバーとスタッフと無理なく働けます。
代表鮒田は鍼灸師ですので、予約制で、鍼灸で体調を整えるサポートができます。


リラクゼーション技術の資格取得

「アクセスバーズ」というリラクゼーション技術の資格取得ができます。

 ※アクセスバーズは、頭にあるツボのような部分にやさしく触れることでリラクゼーションを行う技術です。

学んだあとは、通所時に、利用者さん同士で練習し合うこともできます。

定期的に行われるイベント時には、外部のお客様へ施術する機会もあります。

練習と実践を繰り返すことで、しっかりと技術を身に着けることができます。

カードを使った占い・鑑定

依頼を受けて、オラクルカードや、タロットカードなどを使った鑑定を行うお仕事もあります。

通所時に触れてみることができますので、カードに触れながら自分自身の直感を高めていきましょう。

学びあいの時間もあります。

他の人の意見も聴きながら鑑定の精度を高めていくことができます。

東洋医学で体調をサポート

代表の鮒田(ふなだ)は、鍼灸師でもあります。

完全予約制で鍼灸の施術を受けることも可能。

様々な技術や方法で体調をサポートしていきます。

また、必要に応じて、医療機関やその他支援機関との連携も行っています。

くりえいとに併設の「鍼灸院・リラクゼーションスペースRELSHY」で清掃や、受付などのお仕事もあります。

施設内のお仕事もあります。

ハンドルネームで働く

仕事とプライベートを分けたい方、事業所への通所をなるべく公にしたくない方への配慮として、ニックネームを利用し、本名を出さないで働くことができます。

ごあいさつ

 全ての人々が自分を大切にし、心身ともに健康であることと、精神的に豊かで文化的な生活をしていくことをめざし、身体を動かし、身体に意識をもつ活動を大事にします。

わたくし鮒田は、鍼灸師でもあり、各種リラクゼーションテクニックの施術に加え東洋医学の知識があります。その知識も活用しながら、スタッフと一緒に自分の身体との向き合い方、どんな経験が今後、役立つのか考えていきましょう。
いろいろな分野の方と繋がりたいです。

代表 鮒田新世

◆保有資格◆
鍼灸師
特別支援学校教諭一種
小学校教諭一種
ホームヘルパー2級
札幌市パーソナルアシスタンス(PA)研修修了
WOTE認定メディシナルアロマセラピストレベル1
さとう式MRT基礎応用ディプロマ
アクセスバーズファシリテーター
日本プロスキー教師協会(SIA)認定ステージⅢ&障害者スキー教師

わたしたちのおもい

地球上にいる全ての人々が、お互いに幸せに暮らしていける世界を目指していきたい。

その一歩のために。まずは、お互いの違いを知ること。

全ての人々が「自分を大切にすること」が基本。

自分の内側の世界、身体と心を大事にすること。 そして身近な人を大事にすること。 社会に目を向け、様々な人たちを大事にすることは、社会参加につながっていきます。

自分の身体と心に意識を向けて自分が元気になっていくための方法を学び、自分の役割を見つけていきましょう。

「はたらく」楽しみを味わうと、創造力も拡大していきます。

いろいろな方々とコラボレーションしていくことで、幸せは無限大に拡大していくと信じています。

まずは、わたしたち「くりえいと」の仲間になってみませんか?

※事業所内は、洗濯洗剤・食器洗剤・手洗い用含め、合成洗剤は使わないようにしたり、合成香料が入っているものを使わないようにしたり、環境への配慮とともに、強い香りが苦手な方のためにちょっとだけ努力しています。

就労継続支援B型事業所くりえいと 

札幌市白石区本通17丁目南2-36 カーサ四ノ宮406号室

地下鉄東西線 南郷18丁目駅徒歩8分

お問い 合わせ TEL 080-7608-0795

営業時間 9:45~17:00(土日祝休み)
(サービス提供時間 10:00~16:00)

LINE公式アカウントできました!

お得な情報を配信していきますので、是非登録してみてくださいね!

福祉・介護職員処遇改善加算の「見える化要件」について
障害福祉サービス等処遇改善計画書の提出にあたりまして、介護職員等特定処遇改善加算の「見える化要件」について情報公開をいたします。

タイトルとURLをコピーしました